2013年03月22日

WANDS 大特集 ヒッパレ―2013@アイフォン5 アンドロイド|世界が終るまでは・・・ 無料DLも!

↓カレにも喜ばれました♪↓

┗プレゼントにも!┛



90年代初頭から中頃にかけてビーイングの核となっていた伝説のバンドのWANDS

輝かしい伝説の数々を振り返ってみましょう!

WANDS(ワンズ)

大島康祐(おおしま こうすけ)
1970年9月4日(42歳)
O型、福岡県出身
在籍期間:1991年-1992年(1期)
キーボード、作曲、編曲
現在は作曲・編曲家として活動

上杉昇(うえすぎ しょう)
1972年5月24日(40歳)
A型、神奈川県横須賀市出身
在籍期間:1991年-1996年(1・2期)
ヴォーカル、作詞、作曲、編曲
現在は猫騙のヴォーカルとして活動

柴崎浩(しばさき ひろし)
1969年12月13日(42歳)
A型、東京都出身
在籍期間:1991年-1996年(1・2期)
ギター、作曲、編曲
現在はabingdon boys schoolのギタリストとして活動

木村真也(きむら しんや)
1969年7月28日(43歳)
A型、青森県五所川原市出身
在籍期間:1992年-2000年(2・3期)
キーボード、作詞、作曲、編曲
現在は作曲・編曲家として活動

和久二郎(わく じろう)
本名:松元治郎
1970年12月11日(41歳)
B型、東京都出身
在籍期間:1997年-2000年(3期)
ヴォーカル、作詞、編曲
ジャニーズJr.のスケートボーイズおよび平家派(隊長)として活動後転身
解散後は再び事務所を移籍
ソロアーティストとして活動していた
2005年1月末日
事務所との契約が切れ、一時は音楽業界から引退
2012年
杉元一生(現・安保"Suginho"一生)の支援を受け、
本名の松元治郎名義でソロシンガーとして再始動

杉元一生(すぎもと いっせい)
本名:安保一生(あんぼ いっせい)
1972年5月8日(40歳)
東京都で出生
中学生の時に富山県へ引っ越す
在籍期間:1997年-2000年(3期)
ギター、作詞、作曲、編曲
現在は作曲・編曲家・プロデューサー・LIT-HUMのメンバーとして活動



所属事務所:
1991年 - 1993年
ADING

1993年 - 1996年
U.S.K.

1997年 - 2000年
SEAS

レーベル
1991年 - 1993年
東芝EMI

1993年 - 2000年
B-Gram RECORDS

主に、メンバーが作詞・作曲・編曲を担当

日本のロックバンドです。

90年代初頭から中頃にかけてビーイングの核となっていたバンドの一つです。


db76f69bd036316e07b2-1024.jpg


1991年12月
シングル「寂しさは秋の色」でデビューしました。

sabishisahaakinoiro.jpg

1992年7月
3枚目のシングル「もっと強く抱きしめたなら」を発表しました。

img_940605_54521957_0.jpg


この作品を最後に、大島が自身のユニットSO-FIを結成するために脱退しています。

後任として、柴崎のYAMAHA音楽院時代の知人であった木村が加入しました。

同年10月
中山美穂とのコラボレーション作品として、
中山美穂 & WANDS名義で発表したシングル「世界中の誰よりきっと」
ミリオンセラーの大ヒットを記録しました。





「もっと強く抱きしめたなら」も、オリコンチャート登場29週目にして
1位となりミリオンセラーを記録しました。

1993年2月
4枚目のシングル「時の扉」を発表しました。



4月にはシングルと同タイトルの2枚目のアルバム『時の扉』を発表しました。


WANDS-Toki_no__tobira-APE.jpg


いずれもオリコンチャート1位、ミリオンセラー記録の大ヒットとなりました。

日本の音楽界においてトップアーティストとしての地位を確立しました。

1993年度

シングル4,112,008枚・アルバム3,187,564枚の売り上げを記録し、
第8回日本ゴールドディスク大賞を受賞しました。

以降1995年まで
シングル「愛を語るより口づけを交わそう」



「世界が終るまでは…」、

WANDS20-20C0A4B3A6A4ACBDAAA4EFA4EBA4DEA4C7A4CF.jpg


アルバム『Little Bit…』

WANDS-Little.Bit-APE.jpg

『PIECE OF MY SOUL』


Nov08686.JPG

それぞれミリオンセラーを記録しました。



シングル「恋せよ乙女」


8754730.jpeg


「Secret Night 〜It's My Treat〜」

sicret.jpg


オリコンチャート1位獲得のヒットとなりました。

1995年12月
10枚目のシングル「Same Side」を発表しました。

g_3348_1.jpg

セカンドシングル以来のメンバーのみの手によるシングル曲です。

上杉が志向する欧米的な流れであるニルヴァーナオルタナティブの
サウンドを如実に示すものでした。

当時の日本での売れ筋J-POP路線とは一線を画していたため
前作から大幅に売上を落とす結果となりました。

1996年2月
11枚目のシングル
「WORST CRIME 〜About a rock star who was a swindler〜/Blind To My Heart」を発表。

P2_G4111768W_l.JPG

その後、音楽性の違いを理由に上杉昇と柴崎浩が脱退しました。

(後に2人はal.ni.coを結成)し、活動を休止。

ビーイングが「WANDS」の名前を商標登録していた為
残った木村真也はボーカルに和久二郎、ギターに杉元一生を迎え、
第3期WANDSとして活動を再開しました。

1997年9月
当時デビュー直後であった小松未歩の楽曲提供により、
12枚目のシングル「錆び付いたマシンガンで今を撃ち抜こう」を発表。

s7054057.jpg

シングル4枚、オリジナルアルバム1枚を発表

1999年3月31日発売

WANDSのラストシングル

「今日、ナニカノハズミデ生きている」



2000年3月
公式サイト上で「解体」(解散)を表明しました。

■歴代売上NO1楽曲

●1992年7月1日発売
「もっと強く抱きしめたなら」




レーベル:東芝EMI

■代表曲

1992年7月1日発売
「もっと強く抱きしめたなら」
レーベル:東芝EMI

1993年2月26日発売
「時の扉」


レーベル:東芝EMI

■ミリオンヒット情報

1992年7月1日発売
「もっと強く抱きしめたなら」
レーベル:東芝EMI

1993年2月26日発売
「時の扉」
レーベル:東芝EMI

1993年4月17日発売
「愛を語るより口づけをかわそう」
レーベル:東芝EMI

1994年6月8日発売
「世界が終るまでは…」
レーベル:B-Gram RECORDS

上記シングル4作品
ゴールド等認定
ミリオン(日本レコード協会)


■歴代売上NO1楽曲アルバム

●1993年4月17日発売
「時の扉」
WANDS-Toki_no__tobira-APE.jpg

■ミリオンヒット情報

1993年4月17日発売
「時の扉」
レーベル:東芝EMI/TMファクトリー

1993年10月6日発売
「Little Bit…」
レーベル:東芝EMI/TMファクトリー

1995年4月24日発売
「PIECE OF MY SOUL」
レーベル:Gram RECORDS

上記アルバム3作品
ゴールド等認定
ミリオン(日本レコード協会)


■タイアップ

第1期
1991年12月4日発売
「寂しさは秋の色」
レーベル:東芝EMI
関西テレビ系ドラマ「ホテルウーマン」挿入歌

1992年5月13日発売
1994年2月2日再発売
「ふりむいて抱きしめて」
レーベル:東芝EMI
テレビ朝日系「OH!エルくらぶ」オープニング・テーマ

1992年7月1日発売
「もっと強く抱きしめたなら」
レーベル:東芝EMI
「三井生命」CMソング

第2期
1993年2月26日発売
「時の扉」
レーベル:東芝EMI
テレビ朝日「ネオ・ドラマ」主題歌

1993年4月17日発売
「愛を語るより口づけをかわそう」
レーベル:東芝EMI
「ブティックJOY」CMソング

1993年7月7日発売
「恋せよ乙女」
レーベル:東芝EMI
「ブティックJOY」CMソング

1993年11月17日発売
「Jumpin' Jack Boy」
レーベル:B-Gram RECORDS
ミズノ・スキーウエア「インパルス」CMソング

1994年6月8日発売
「世界が終るまでは…」
レーベル:B-Gram RECORDS
テレビ朝日系アニメ「SLAM DUNK」第2期エンディングテーマ

1995年12月4日発売
「Same Side」
レーベル:B-Gram RECORDS
テレビ朝日系「NBA FAST BREAK」エンディングテーマ

1996年2月26日発売
「WORST CRIME〜About a rock star who was a swindler〜」
レーベル:B-Gram RECORDS
TBS系「COUNT DOWN TV」オープニングテーマ

第3期
1998年2月11日発売
「Brand New Love」
レーベル:B-Gram RECORDS
三菱自動車「ミラージュマリオン&チャレンジャーシティクルージング」CMソング

1998年6月10日発売
「明日もし君が壊れても」
レーベル:B-Gram RECORDS
テレビ朝日系アニメ「遊☆戯☆王」のエンディングテーマ

1999年3月31日発売
「「今日、ナニカノハズミデ生きている」」
レーベル:B-Gram RECORDS
TBS系「ワンダフル」のテーマソング

「FREEZE」
(シングル「「今日、ナニカノハズミデ生きている」」内収録)
プレイステーション用ゲームソフト「Cybernetic EMPIRE」のイメージソング

1999年10月27日発売
「AWAKE」
(アルバム「AWAKE」内収録)
レーベル:B-Gram RECORDS
ミズノ「INTERNATIONAL」CMイメージソング





今回紹介する「世界が終わるまでは・・・」はスラムダンクのEDテーマとしても有名なWANDSのヒット曲の1つ。売上約122万枚。

およそタイアップ先を意識したとは思えない作風ですが、メロディおよび詞から滲み出る「終末観」が計り知れない深遠さをただよわせている屈指の名曲だと思う。羽田空港で撮影されたPVも素晴らしいです。



世界が終わるまでは

大都会に 僕はもう一人で
投げ捨てられた 空カンのようだ
互いのすべてを 知りつくすまでが
愛ならば いっそ 永久(とわ)に眠ろうか...

世界が終るまでは 離れる事もない
そう願っていた 幾千の夜と
戻らない時だけが 何故輝いては
やつれ切った 心までも 壊す...
はかなき想い... このTragedy Night

そして人は 形(こたえ)を求めて
かけがえのない 何かを失う
欲望だらけの 街じゃ 夜空の
星屑も 僕らを 灯せない

世界が終る前に 聞かせておくれよ
満開の花が 似合いのCatastrophe
誰もが望みながら 永遠を信じない
…なのに きっと 明日を夢見てる
はかなき日々と このTragedy Night

世界が終るまでは 離れる事もない
そう願っていた 幾千の夜と
戻らない時だけが 何故輝いては
やつれ切った 心までも 壊す...
はかなき想い... このTragedy Night

このTragedy Night

 「世界が終わるまでは・・・」は大衆向けの音楽を命題としたWANDSの元々の良さと、ボーカルであり作詞を手がける上杉昇の持つロックの胎動性が見事に合致した名曲です。

どこかダウナーで沈みいくようなメロディーながらも、やはり上杉昇の凄みを感じさせるようなボーカルが独特な聴き心地の良さを作り出しており、ロックとポップの境界で張ってあるピアノ線を絶妙に踏みながら渡り歩いているような素晴らしい完成度だと思います。

特にダイナミックで聴き惚れるような上杉のヴィブラートの聴いた歌声は、どちらのジャンルのリスナーが聴いても説得力のあるものに仕上がっているんじゃないでしょうか。

何回聴いても聴き飽きない感動が押し寄せてきて、私はもう何度リピートしてきたかも数え切れない中でこの曲にいろいろなものを貰ってきたと思います。

歌詞の世界観も、恋人や友人を始めとした対象を限定としない大切な人に向けた感情と、音楽業界で徐々に疲弊を包み隠せなくなった上杉昇の落ちていく感情が一矢を報いようとせんばかりの光を放っています。

何度でも言いたい。

これぞ名曲です!



↓カレにも喜ばれました♪↓

┗プレゼントにも!┛

posted by AKIちゃん at 09:00| Comment(0) | 日本 男性アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

驚愕!!スマホSIAMSHADEの1/3の純情な感情を高音質で聴く方法!!


▼テレビcmなどで話題の無料J−POPが取り放題▼

△今すぐ会員登録!△



伝説のスーパーロックバンドのSIAMSHADE。

伝説の数々を振り返ってみてください。



SIAM SHADE(シャムシェイド)



栄喜(ヒデキ:ボーカル)
本名:今村栄喜(いまむら ひでき)

改名履歴
デビュー当時:CHACK(チャック)
1996年:HIDEKI
1998年:栄喜(ヒデキ)
解散後:未来 (HIDEKI)
現在:栄喜(ヒデキ)に戻す

1972年1月29日(40歳)
O型、東京都世田谷区出身



KAZUMA(カズマ:ボーカル&ギター)
本名:遠藤一馬
1972年2月26日(40歳)
B型、東京都北区王子出身
現在は本名の"遠藤一馬"で活動



DAITA(ダイタ:ギター)
本名:伊藤大太
1971年6月19日(41歳)
東京都世田谷区出身
現在はBINECKSのギタリストとして活動中



NATIN(ナッチン:ベースギター)
解散後は"NATCHIN"に改名
1971年10月15日(40歳)
本名:中川泰
B型、東京都出身
現在は、バンドBIG BITESで活動中
妻は女優の伊藤かずえ



淳士(ジュンジ:ドラム)

1998年1月までは"JUNJI"と表記
本名:佐久間淳二
1973年3月30日(39歳)
B型、神奈川県秦野市出身



元メンバー
ATARU(アタル:ギター ※前身バンド、アタールのリーダー)
A(EI)(エイ:ドラム)
OZZ...(オズ:ドラム ※前身バンド、アタールのドラム)

事務所
アミューズ

レーベル
LEAF Mt.
(1994年)
ソニーレコード
(1995年 - 2002年)

日本のスーパーロックバンドです!

1263558951.jpg



1989年3月
友人のNATINを誘ってSIAM SHADEの母体となるバンド、POWERを結成しました。

YOKOHAMA HIGH SCHOOL HOT WAVE FESTIVALに出場してサマーグランプリ賞(優勝)を受賞してます。

1995年10月21日
「RAIN」でメジャーデビュー





1995年11月11日
デビューアルバム

SIAM SHADE II

26639301.jpg

2002年年頭
解散を発表しました。

2002年3月10日
日本武道館においてラストライブを行い、この日をもって解散しました。

2007年11月18日
一夜限りの再結成しました。
(彼らの元チーフマネージャーである中村新一が逝去したため、追悼の意味を込めて一夜限りの武道館LIVEを決行)

2011年4月29日
公式ホームページで復興支援ライブの開催を発表しています。

2011年7月17日
Zepp Sendaiでチャリティーライブを開催しました。

sendai2.jpg



☆siam shade 解散 理由は!?

ギターのDAITA曰く

自分たちの中では「来るべき時が来たな」って感じだったんです。

少し具体的な話をすると、これからどこに向かっていこうかっていう「ハードル」を設定する高さが、バラバラになっちゃった。

海外でこんな活動したいってヤツもいれば、今まで通り国内で頑張ろうってヤツもいる。

どっちが正しいとか悪いじゃなくて、飛びたい高さが5人5様になってしまうと、もう一緒には飛べないねって。

バンドは本当に難しいですね・・・。

■歴代売上NO1楽曲

1997年11月27日
1/3の純情な感情

4180pDutYJL._SL500_AA300_.jpg

■代表曲

1997年11月27日
1/3の純情な感情

1999年2月24日
曇りのち晴れ




■歴代売上NO1楽曲アルバム

1998年1月21日
SIAM SHADE IV・Zero

SIAM+SHADE.jpg

■最新アルバム情報ベスト5

2002年3月6日
SIAM SHADE IX A-side Collection

2002年11月27日
SIAM SHADE X 〜THE PERFECT COLLECTION〜

2007年9月26日
SIAM SHADE XI COMPLETE BEST 〜HEART OF ROCK〜

2010年10月27日
SIAM SHADE XII 〜The Best Live Collection〜

2012年4月14日
SIAM SHADE SPIRITS 1993

■オリコンシングル売り上げランキング

1位
1/3の純情な感情
1997年11月27日発売
過去最高位 3位 登場回数 21回
69.8万枚

2位
グレイシャルLOVE




1998年05月13日発売
過去最高位 10位 登場回数 8回
17.2万枚

3位
曇りのち晴れ
1999年02月24日発売
過去最高位 8位 登場回数 7回
17万枚

4位
Dreams
1998年08月05日発売
過去最高位 4位 登場回数 7回
16.4万枚

5位
NEVER END
1998年10月28日発売
過去最高位 9位 登場回数 4回
8.1万枚

6位
BLACK
1999年09月15日発売
過去最高位 5位 登場回数 5回
7.9万枚

7位
せつなさよりも遠くへ
2000年04月19日発売
過去最高位 10位 登場回数 5回
6.6万枚

8位
1999
1999年09月29日発売
過去最高位 7位 登場回数 5回
6.3万枚

9位
Life
2001年04月11日発売
過去最高位 13位 登場回数 4回
4.1万枚

10位
アドレナリン
2001年09月27日発売
過去最高位 14位 登場回数 4回
2.8万枚


■オリコンアルバム売り上げランキング

SIAM SHADE IV-ZERO-
1998年01月21日発売
過去最高位 3位 登場回数 8回
25.2万枚

2位
SIAM SHADE V
アルバム 1998年12月02日発売
過去最高位 6位 登場回数 7回
22.8万枚

3位
SIAM SHADE VI
2000年07月26日発売
過去最高位 8位 登場回数 5回
8.3万枚

4位
SIAM SHADE II
アルバム 1995年11月11日発売
過去最高位 27位 登場回数 3回
3.4万枚

5位
SIAM SHADE III
1996年10月02日発売
過去最高位 20位 登場回数 3回
3.3万枚

6位
SIAM SHADE X〜THE PERFECT COLLECTION〜
2002年03月06日発売
過去最高位 20位 登場回数 3回

7位
SIAM SHADE VIII〜B-side COLLECTION〜
2002年01月30日発売
過去最高位 17位 登場回数 2回
2万枚

8位
SIAM SHADE VII
2000年11月29日発売
過去最高位 23位 登場回数 2回
2万枚

9位
SIAM SHADE XI COMPLETE BEST〜HEART OF ROCK〜
2007年09月26日発売
過去最高位 26位 登場回数 4回
1.3万枚

10位
SIAM SHADE]U〜THE BEST LIVE COLLECTION〜
2010年10月27日発売
過去最高位 23位 登場回数 3回
0.7万枚

タイアップ情報

RAIN
TBS系『メンズな夜』オープニングテーマ

TIME'S
NHK『POP JAM』1月度オープニングテーマ

RISK
テレビ東京系ドラマ『恋。した』テーマソング

PASSION
TBS系『MAGA不思議』オープニングテーマ曲

Dreams
フジテレビ『プロ野球ニュース』のメインテーマ曲(1998年4月〜9月)

NEVER END
TBS系『ランク王国』オープニングテーマ

曇りのち晴れ
深田恭子主演のフジテレビ系ドラマ『鬼の棲家』主題歌

BLACK
TBS系『スーパーサッカー』テーマソング

せつなさよりも遠くへ
フジテレビ系『フォーミュラ・ニッポン』中継イメージソング

GET OUT
テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』テーマソング



今回紹介するは[1/3の純情な感情]SIAM SHADEの代表曲にして名曲です。


様々なアーティストにカバーされています。

1/3の純情な感情

~るろうに劍心~ED6
作詞:SIAM SHADE
作曲:SIAM SHADE
編曲:SIAM SHADE、明石昌夫

壞れるほど愛しても 1/3も伝わらない
純情な感情は空回り
I love youさえ言えないでいる My heart

長くて眠れない夜が 君への想い
「それは戀なんです」と囁くよ
とめどなく語りかける搖れる鼓動は
微熱混じりの 溜息へとかわる
Give me smile and shine days
君のsmileで
凍てつく夜の寒さもGoodこらえられる
壞れるほど愛しても 1/3も伝わらない
純情な感情は空回り
I love youさえ言えないでいる My heart

真夏の雨のように ?いた素肌
潤す君の笑顏がまぶしくて
Give me smile and shine days
急に澄まさないで
どんなに困難で難關な壁も越えるから

どれだけ君を愛したら この想い屆くのだろう
見つめられると言えない 言葉が宙に舞う
離れれば離れるほど 愛しい人だと氣付く
求めれば求める程に
せつない距離を感じてる My heart

Give me smile and shine days
Give me smile and nice days
もしもこの腕で君と抱きしめ合えたなら...

どれだけ君を愛したら この想い屆くのだろう
夢の中では確かに 言えた筈なのに
壞れるほど愛しても 1/3も伝わらない
純情な感情は空回り
I love youさえ言えないでいる My heart

My heart



まだシャムシェイドを好きになる前、当時るろうに剣心を観てボーっと聴いてたんですが、一曲通して聴くとなんてスゴい曲なんだと感心しました。

爽やかながらも力強い回しの歌。

ボーカルを邪魔せず尚且つミュートを効かして構築されたムダのないギター。

そのギターに沿うように流れるベース。

シンバルが抜けるような快音で疾走感をだすドラム。

どれを取っても一級品なんです。

間奏は彼ららしく変拍子を駆使したギターソロってのも粋です。

個人的に好きなとこは二回目Aメロの前のライドのウラ打ちですね。

若干マニアックなんですがしびれます。

後に彼らが日本屈指のテクニカルバンドと呼ばれる片鱗がこの曲にもしっかり活きてます。

どうかタイトルやサビだけでなく曲全てを聴いてみて下さい。

シャムシェイドは凄いバンドなんです。




▼テレビcmなどで話題の無料J−POPが取り放題▼

△今すぐ会員登録!△
posted by AKIちゃん at 09:00| Comment(0) | 日本 男性アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

人気J−POP特集|DEEN このまま君だけを奪い去りたい をスマホで聴くならここしかない

↓業界シェア率NO.1↓



↑日本最大級のDL専用サイト↑



全国ツアー「deen plugless tour 2012 〜triangle 絆 47〜」が大成功を収めたDEEN!

DEEN LIVE JOY-Break17 〜Road to 武道館〜 も大盛況だったようですね!

2013年はDEEN20周年の年です!!

これからも活躍が楽しみですね!!



DEEN(ディーン)



池森 秀一(いけもり しゅういち)(ボーカル)

1969年12月20日(42歳)
A型、北海道岩内郡岩内町出身
愛称:秀ちゃん

山根公路(やまねこうじ)(リーダー、キーボード)
1967年1月29日(45歳)
AB型、東京都出身
愛称:山ねっち

田川 伸治(たがわしんじ)(ギター)
1970年4月18日(42歳)
O型、広島県広島市南区出身
愛称:巨匠

DEEN HOME PAGEDEEN 有名曲

DEEN 公式ブログ - GREE

サポートメンバー
宮野和也(ベース)
HIDE(小林秀樹)(ドラム)


旧メンバー
仲居辰磨(なかい たつま)(ギター)
正確な加入時期は不明だが永遠をあずけてくれの頃まで在籍。

倉澤圭介 (くらさわ けいすけ)(ドラム)
正確な加入時期は不明だが「瞳そらさないで」の頃まで在籍。

宇津本直紀(うづもと なおき)(ドラム)
倉澤に代わってファーストアルバム『DEEN』から加入し、『CHRISTMAS TIME』まで在籍。

所属事務所
グッデイ

レーベル
B-Gram RECORDS(1993年 - 1998年)

BERG レーベル(1998年 - 2003年)

BMGファンハウス(2003年 - 2005年)

BMG JAPAN(2005年 - 2009年)

アリオラジャパン(2009年 - )

作詞、作曲はメンバーが担当



1990年代前半、一大ブームを巻き起こした元ビーイング系バンドです。

m_deen_sub20-20E382B3E38394E383BC.jpg



1993年、ビーイング内ではWANDSの上杉昇が作詞、織田哲郎が作曲し、DoCoMo
ポケットベルのCMとのタイアップも決定していた『このまま君だけを奪い去りたい』
歌うボーカリストを探していました。



そこで、ソロデビューを目指し北海道から上京して
いた池森秀一に試しに歌わせてみたところ評価を受け、ボーカリストに決定。


急遽キーボード山根公路を加え、バンドを結成。

バンド名「DEEN」は響きの良さから決定されました。



1993年3月10日デビュー
デビュー曲「このまま君だけを奪い去りたい」

23319_2.jpg

■デビューアルバム

1994年9月14日
DEEN

a1.jpeg

現在までにCD総売上枚数は1,500万枚を超えています。

■代表曲

1993年3月10日
このまま君だけを奪い去りたい

1993年7月17日
翼を広げて
作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 編曲:葉山たけし
日本テレビのサッカー中継のイメージソング。
57万枚


1994年6月22日
瞳そらさないで
作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 編曲:葉山たけし
大塚製薬「ポカリスエット」CMソング。
103.7万枚



■ミリオンヒット情報

1993年3月10日
このまま君だけを奪い去りたい
129.3万枚

1994年6月22日
瞳そらさないで

103.7万枚

■最新シングル情報ベスト5

Celebrate(2009年4月29日)

Negai feat. ミズノマリ(2009年11月4日)

coconuts feat. kokomo(2010年7月14日)

Brand New Wing(2011年4月6日)

心から君が好き〜マリアージュ〜(2012年6月27日)


■代表アルバム

1994年9月14日
DEEN
134.9万枚
オリコン史上初のファーストシングル、ファーストアルバム両方のミリオンを達成
(その後、KinKi Kids、Kiroro、宇多田ヒカル、倉木麻衣、CHEMISTRYが達成)。

1996年9月9日
I wish

1998年3月18日
SINGLES+1

1998年12月16日
The DAY




■最新アルバム情報ベスト5

2009年12月2日
LOVERS CONCERTO

2010年7月28日
クロール

2011年6月15日
Graduation

2010年11月24日
ALL TIME LIVE BEST

2012年8月8日
マリアージュ

2013/3/13
DEENAGE MEMORY 20周年記念ベストアルバム

デビュー20周年記念(2013年時)、レーベルを越え世代を越えたDEEN史上究極・初のオールタイム・ベスト・アルバム!!

CM、ドラマ主題歌、アニメのテーマ・ソング等、耳馴染みの楽曲が当時の音源そのままに全曲最新(同)デジタルリマスタリング!

さらに、NTT東日本電報CMソング「言葉で伝えたくて」も初CD化。

ディスク:1
1. このまま君だけを奪い去りたい
2. 夢であるように
3. 翼を広げて
4. Teenage dream
5. 永遠をあずけてくれ
6. 君がいない夏 試聴する
7. 素顔で笑っていたい
8. 哀しみの向こう側
9. JUST ONE
10. MY LOVE
11. 遠い空で
12. 遠いゝ未来へ
13. 翼を風に乗せて ~fly away~
14. Starting Over
15. Celebrate
16. 心から君が好き ~マリアージュ~ 

ディスク:2
1. 瞳そらさないで
2. ひとりじゃない
3. 未来のために
4. Memories
5. LOVE FOREVER
6. SUNSHINE ON SUMMER TIME
7. 君さえいれば 試聴する
8. 手ごたえのない愛
9. Power of Love
10. Birthday eve ~誰よりも早い愛の歌~
11. 太陽と花びら
12. ユートピアは見えてるのに
13. レールのない空へ
14. STRONG SOUL
15. coconuts feat.kokomo
16. Brand New Wing
17. 永遠の明日 

ディスク:3
1. 言葉で伝えたくて (初CD化)
2. 夢で逢えたら feat.原田知世
3. 見上げてごらん夜の星を feat.ダイアナ湯川
4. 愛の鐘が世界に響きますように… with 亀渕友香 & The Voices of Japan
5. Smile Blue feat.押尾コータロー
6. ダイヤモンド feat.Bobby Valentine
7. Negai feat.ミズノマリ
8. 少年 試聴する
9. 君の心に帰りたい
10. 思いきり 笑って
11. Christmas time
12. 秋桜 ~more & more~
13. 夢の蕾
14. Blue eyes
15. 歌になろう
16. このまま君だけを奪い去りたい <キセキversion>  


15周年にもベストアルバムが出ていますが、今回の方が買いだと思いました。

新曲はもちろん、音圧(音量)が15周年ベストより格段に上がっています。
この部分が非常に大きいです。15周年のベストは、音量が小さく不満でした。
ディスクの構成もテーマごとに分けられていて、飽きずに聴けます


DEENの初心者のファンの方、懐かしく聞こうと思われる方も満足できる内容だと思います。

通常盤でも大変満足です!

■DEENオリコン売り上げトップ10

1位 このまま君だけを奪い去りたい(1993年03月10日)

2位 瞳そらさないで(1994年06月22日)

3位 翼を広げて(1993年07月17日)



4位 永遠をあずけてくれ(1993年11月28日)

5位 未来のために(1995年06月19日)

6位 Teenage dream(1995年03月27日)

7位 Memories(1993年09月22日)

8位 ひとりじゃない(1996年04月15日)

9位 LOVE FOREVER(1995年12月11日)

10位 夢であるように(1997年12月17日)






☆主なタイアップ情報

このまま君だけを奪い去りたい
NTTドコモ 「ポケットベル」 CMソング

DREAMIN’
関西テレビ・フジテレビ系「ウーマンドリーム」挿入歌

FOR MY LIFE
関西テレビ・フジテレビ系「愛と疑惑のサスペンス」エンディングテーマ

翼を広げて
日本テレビ系Jリーグ中継番組イメージソング

Memories
テレビ朝日系『ネオドラマ』主題歌

永遠をあずけてくれ
NTTドコモ「ポケットベル」CMソング

瞳そらさないで
大塚製薬「ポカリスエット」CMソング

思い切り 笑って
キヤノン「EOS」CMソング

Teenage dream
TBS系COUNT DOWN TV テーマ曲

日本テレビ系「第15回全国高等学校クイズ選手権」イメージソング

未来のために
日本テレビ系全国ネット『'95劇空間プロ野球』イメージソング

LOVE FOREVER
TBS系『スーパーサッカー』エンディングテーマ

少年
TBS系『少年時代(ミニ番組)』テーマ曲

ひとりじゃない
フジテレビ系アニメ『ドラゴンボールGT』エンディングテーマ

SUNSHINE ON SUMMER TIME
キリン「アイスビール」CMソング

『J-ROCK ARTIST BEST 50』オープニングテーマ

素顔で笑っていたい
テレビ朝日系木曜ドラマ『小児病棟・命の季節』主題歌

Sha・la・la・la〜I wish〜
J-ROCK ARTIST BEST 50オープニングテーマ

果てない世界へ
J-ROCK ARTIST BEST 50オープニングテーマ

君の心に帰りたい
京成電鉄『スカイライナー』CMソング

ありったけの笑顔
キヤノン「EOS」CMソング

君がいない夏
日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』エンディングテーマ

夢であるように
プレイステーション/プレイステーション2 『テイルズ オブ デスティニー』テーマソング

遠い空で
日本テレコムCMソング

銀色の夢 〜All over the world〜
長野オリンピック公式ボランティアサポートソング

君さえいれば
フジテレビ系アニメ 「中華一番!」オープニングテーマ

手ごたえのない愛
TBS系 『筋肉番付』エンディングテーマ

眠ったままの情熱
静岡第一テレビ 『KICK OFF』エンディングテーマ

A day in my life
『九州電力』ラジオCMソング

遠いゝ未来へ
TBS系 『筋肉番付』エンディングテーマ

JUST ONE
シャープ カラーFAX「彩遊記」 CMソング

Burning my soul
日比谷シャンテ夏のバザール CMソング

MY LOVE
東海テレビ制作・フジテレビ系昼の連続テレビドラマ『風の行方』主題歌

Christmas time
TBS系「ワンダフル」主題歌

Power of Love
日本テレビ系「SPORTS MAX」エンディングテーマ

秋桜 〜more & more〜
TBS系「ワンダフル」内ミニドラマ9月度 主題歌

哀しみの向こう側
東海テレビ制作・フジテレビ系昼の連続テレビドラマ『幸福の明日』主題歌

蒼い戦士たち
NTTドコモ四国CMソング

Birthday eve 〜誰よりも早い愛の歌〜
TBS系『チューボーですよ』テーマソング

翼を風に乗せて 〜fly away〜
テレビ朝日系『奇跡の扉 TVのチカラ』エンディングテーマ

中京テレビ「SPORTS STADIUM」エンディングテーマ

桜の下で逢いましょう
テレビ東京系『釣りロマンを求めて』エンディングテーマ

太陽と花びら
日本テレビ「汐留スタイル!」テーマ曲

ユートピアは見えてるのに
テレビ朝日系『ビートたけしのTVタックル」エンディングテーマ

OCEAN
NTV系「NNNきょうの出来事」エンディングテーマ

STRONG SOUL
東京ヴェルディ1969 創立35周年イメージソング

愛の鐘が世界に響きますように…
TBS系 『魂のワンスプーン』エンディングテーマ

Starting Over
日本テレビ系『いただきマッスル』エンディングテーマ

ダイヤモンド
千葉ロッテマリーンズ公式イメージソング

虹の彼方へ
常口アトムCMソング

夢の蕾
テレビ朝日系『ビートたけしのTVタックル』エンディングテーマ

Smile Blue
NTV系『NNN Newsリアルタイム』エンタメSPORTSテーマ曲

Sunrise Sunset
クレールベイサイドCMソング

I Promise You
映画『SS エスエス』主題曲

ANOTHER LIFE
韓国公開版映画『猟奇的な彼女』挿入歌。

永遠の明日
ニンテンドーDS『テイルズ オブ ハーツ』テーマソング

行こうよ!
チャンレンジスポーツマリンスタジオ 10周年記念キャンペーンCMソング

Celebrate
TBS系『女神サーチ』4・5月度エンディングテーマ

自転車レース
鹿児島銀行企業イメージテレビCMソング

Brand New Wing
日本テレビ系『ハッピーMusic』4月度POWER PLAY





今回紹介する「このまま君だけを奪い去りたい」はDEENのデビュー曲&名曲です。



DEEN

このまま君だけを奪い去りたい

作詞:上杉昇
作曲:織田哲郎

静かに 佇(たたず)む 街並み
はしゃぎ疲れ ただ優しく
忘れたはずの このさみしさ
ムネの扉 たたいた

君の瞳には ボクが にじんで
消えゆく 愛を しった

このまま君だけを 奪い去りたい
やがて朝の光 訪れる前に
そしてまたあの日見た
夢を叶えよう 二人素直なままの瞳で

いつまでも信じていたいよ
心震えるほど
愛しいから

懐かしいブルーの雨傘
ざわめく街で 君に会った
うつむき 歩く そのくせは
今も あの日のままだね

ふいに呼び止めて
笑いあえたら
言葉さえもいらない

このまま君だけを 奪い去りたい
胸の奥でそう 叫んでいるようだ
誰一人 わからない
遠い世界で君を守ろう 心燃やして

いつまでも抱きしめあいたい
永遠(とわ)に戻ることのない 時の中で

このまま君だけを 奪い去りたい
やがて朝の光 訪れる前に
そしてまたあの日見た
夢を叶えよう 二人素直なままの瞳で

このまま君だけを 奪い去りたい
やがて朝の光 訪れる前に
そしてまたあの日見た
夢を叶えよう 二人素直なままの瞳で

いつまでも信じていたいよ
心震えるほど
愛しいから





言わずと知れたミリオンヒット。

優しく心に響く曲調。

池森さんの美しい響きのある声。

流石と言うところでしょう。

ただ、やはり最近録りなおされた物と比べてみると、違いが解ります。

最近の物の方が深みがあるというか、個人的には新しい方が好きです。


しかし初リリースにして、DEENの数ある曲の中でも特に人気のある曲です。

聴いておいて損はないでしょう。

DEENの原点という意味でも、ファンの方には是非一度聴いて貰いたいですね。

音楽漬けだった私にとって一発でこの曲に魅せられてしまいました。

DEENの中でも特に好きな曲です。

イントロのキーボードから一転アコースティックギターと共に歌う部分は非常に和みます。

その後サビに向かい盛り上がる所は池森氏の歌唱力と共に心に響くものを感じます。

デビュー曲にしてこれだけのヒットを飛ばしたのは当時ブームだったポケベルのタイアップという幸運もあったのでしょうが、やはり曲自体もファンがどういう曲を書けば琴線に訴えかけることができるのか、みたいな事を初期にして良く分かっていたんだなあと思います。



↓業界シェア率NO.1↓



↑日本最大級のDL専用サイト↑
posted by AKIちゃん at 09:00| Comment(0) | 日本 男性アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。