2013年03月04日

LUNA SEA 日本武道館で 新曲『The End the Dream / Rouge』|アイフォン5 au docomoのスマホで要チェック!!


↓業界シェア率NO.1↓



↑日本最大級のDL専用サイト↑




12年ぶりのLUNA SEA全国ツアー【The End of the Dream ZEPP TOUR 2012「降臨」】
13公演を終えたLUNA SEAが、年をまたぐアリーナツアー【LUNA SEA LIVE 2012-2013「The End of the Dream」】の初日となる大阪城ホール公演と東日本大震災復興支援ライヴである【LUNA SEA For JAPAN「A Promise to The Brave 2012 in Sendai」】@仙台サンプラザホールの2公演をそれぞれ12月23日(日)、12月24日(月)に行ないました。
2013年、年明け1月11日(金)より日本武道館6days、さらにはアジアツアーへと続いていく中、LUNA SEAが今何かを取り戻し、さらなる未来へと踏み出します!!




LUNA SEA(ルナシー)


RYUICHI(リュウイチ)
ボーカル
1970年5月20日
神奈川県大和市出身
血液型O型
神奈川県立栗原高等学校を経て、日本工業大学付属東京工業高等学校中退



SUGIZO(スギゾー)
ギター&バイオリン
1969年7月8日
神奈川県秦野市出身
血液型O型
神奈川県立伊勢原高等学校卒業
愛称:「スギちゃん」「スギ様」

INORAN(イノラン)
ギター
1970年9月29日
神奈川県秦野市出身
神奈川県立大秦野高等学校出身
愛称:イノ

J(ジェイ)
ベース
1970年8月12日
神奈川県秦野市出身
血液型AB型
神奈川県立大秦野高等学校卒業

真矢(シンヤ)
ドラムス&パーカッション
1970年1月13日
神奈川県秦野市出身
血液型O型


所属事務所
SWEET CHILD(1992年〜2000年)
LUNA SEA Inc.(2011年〜)


レーベル
Extasy Records(1991年)
MCAレコード(1992年〜2000年)
エイベックス / HPQ(2011年〜)




メンバー全員が作詞・作曲に参加


日本を代表するロックバンドです!

03_px250.jpg


1989年春にこの5名が揃い、LUNACY名義で都内を中心にライブ活動を展開しました。

1990年にバンドの表記をLUNA SEAに変更。

1991年に1stアルバム「LUNA SEA」
YOSHIKI(X JAPAN)主宰の「Extasy Records」からリリースし、好セールスを記録しました。

380493143.1.jpg


1992年にはアルバム「IMAGE」でメジャーデビュー。
417QCJDAV1L._SL500_AA300_.jpg

1993年2月24日デビューシングル

BELIEVE

41rMJWaIguL._SL500_AA300_.jpg


1994年に発表したシングル「ROSIER」が大ヒットを記録。


51WUFssgpzL._SL500_AA300_.jpg



その後も「MOTHER」「STYLE」といった名作アルバムをリリースするも
1996年12月に行われた横浜スタジアム公演をもって1年間の活動休止に突入。

41YV79P1NAL._SL500_AA300_.jpg
518P30TV22L._SL500_AA300_.jpg




1997年12月、ベストアルバム「SINGLES」の発売を機に活動再開しました。


41BJK4ETVPL._SL500_AA300_.jpg

翌1998年に「STORM」「I for You」、アルバム「SHINE」などを立て続けにリリースし
本格的復活を遂げる。
316S3VBA9FL._SL500_AA300_.jpg



1999年5月には東京ビッグサイトで10万人を動員した野外ライブを実施しました。



2000年7月にオリジナルアルバム「LUNACY」を発表するも、同年11月に“終幕”を発表。

414E4EJDWVL._SL500_AA300_.jpg

12月26日・27日に行われた東京ドーム公演をもってバンドの歴史に幕を下ろしました。



その後も各メンバーはソロアーティストとしてのキャリアを重ね、精力的な音楽活動を展開。

バンドとしての再始動はないものと思われていました。


2007年、一夜限りの東京ドーム公演を12月24日に行い好評を博しました。


2008年5月にはhide(X JAPAN)のメモリアルライブにも出演しています。

正式な再結成を望む声が高まる中、2010年8月に“REBOOT”
称して本格的な再始動を発表しました。


同年11月からは東京ドーム2DAYS公演を含むワールドツアーを開催しました。



2013年3月27日にはCOMPLETE BEST-ASIA LIMITED EDITION- が発売予定です。
518KxlNcDHL._SL500_AA300_.jpg

2008年にリリースされたLUNA SEAの2枚組ベスト・アルバム『COMPLETE BEST』に、
61Vm4sNqWdL._SL500_AA300_.jpg
2012年から2013年にかけて行われるライヴ・ツアー“The End of the Dream”で演奏された楽曲を追加収録した期間限定3枚組ベスト・アルバム。


■歴代売上NO1楽曲

Rosier




1994年7月21日
5:15
作詞・作曲・編曲: LUNA SEA
オリコンシングルチャートで初登場3位
プロモーション・ビデオ
1994年第36回日本レコード大賞 最優秀プロモーションビデオ賞 受賞


■代表曲

I For You
1998年7月1日
作詞・作曲・編曲:LUNA SEA
第49回NHK紅白歌合戦 出場

STORM
1998年4月15日
作詞・作曲・編曲:LUNA SEA
オリコンシングルチャート1位

gravity
2000年3月29日
オリコンチャート1位を記録
作詞・作曲・編曲:LUNA SEA

LOVE SONG
2000年11月8日
作詞・作曲・編曲:LUNA SEA

TONIGHT
2000年5月17日
作詞・作曲・編曲:LUNA SEA




■歴代売上NO1楽曲アルバム

SHINE
316S3VBA9FL._SL500_AA300_.jpg

1998年7月23日




■代表アルバム

EDEN
1993年4月21日

MOTHER
1994年10月26日


STYLE
1996年4月22日


LUNACY
2000年7月12日



■LUNA SEAのもう一度聴きたいシングル曲ランキング(gooランキング)

1位 ROSIER

2位 BELIEVE

3位 I for You

4位 STORM

5位 DESIRE

6位 LOVE SONG

7位 TRUE BLUE

8位 END OF SORROW

9位 MOTHER

10位 SHINE



■LUNA SEAのシングル売り上げランキング(オリコン)

1位 STORM



2位 DESIRE

3位 I for You

4位 TRUE BLUE

5位 END OF SORROW

6位 SHINE

7位 ROSIER

8位 IN SILENCE

9位 gravity

10位 MOTHER





☆LUNA SEA、仙台での復興支援公演を全国でライヴビューイング


20121年12/24日は仙台サンプラザホールで行われました。
クリスマスイブのこの日は、復興支援ライヴということで、会場以外にもライヴビューイングを国内30館、海外(香港、台湾)8館で実施。
さらにはニコニコ生放送でも同時中継され、それぞれの売上げの一部が寄付されるということで、多くの参加者とともにライヴが実施されました。

RYUICHIが「俺たちにできることは音楽を通して支援していくこと。これをこれからもずっと続けていきたい」と決意を語ると大きな拍手が。アンコールではクリスマスということで「White Christmas」をプレゼントするなど、クリスマスイブに集まったファンを大満足させるライヴとなった。


☆ルナシー復興ライブ仙台セットリスト


LUNA SEA『東日本大震災復興支援 LIVE LUNA SEA For JAPAN A Promise to The Brave 2012 in Sendai』仙台SET LIST


SE.月光
01.WITH LOVE
02.Dejavu

03.G.
04.END OF SORROW
05.Rouge

06.PROMISE
07.gravity
08.Providence
09.MOON

10.THE END OF THE DREAM
11.STORM
12.DESIRE
13.ROSIER
14.TONIGHT

(Encore)
E1.Crazy About You
E2.WHITE CHRISTMAS
E3.BELIEVE
E4.WISH



ついに被災地仙台でライブを開催したLUNA SEA!セトリ的には、チャリティーソングとして配信された「PROMISE」はもちろん、「WITH LOVE」、「MOON」、「Crazy About You」あたりが披露されて中期がメイン気味でしたが、昨年のさいたまでのチャリティーライブと似た感じになりましたね。



☆ルナシー日本武道館セットリスト


LUNA SEA @ 両国国技館 〜SLAVE限定GIG 2013〜
2013年02月17日 22:09

12:00認証受付開始
16:00開場
17:00開演

1.Dejavu
2.Precious...
3.JESUS
4.SLAVE
5.FACE TO FACE
6.ROUGE
7.gravity
8.LASTLY
9.UNTIL THE DAY I DIE
10.the End of the Dream
11.リズムセッション
12.BLUE TRANSPARENCY 〜限りなく透明に近いブルー〜
13.TIME IS DEAD
14.ROSIER
15.HURT

アンコール 1
16.LOVE SONG
17.TONIGHT
18.WISH
19.MOTHER

アンコール 2
20.BELIEVE

アンコール 3
21.IN MY DREAM(with shiver)

★★★★★



今回紹介するのは新曲のThe End of the Dreamです。

41-lQzWoxUL._SL500_AA300_.jpg

古巣ユニバーサル・ミュージックに復帰し、第二期LUNA SEAの幕開けを華々しく告げる両A面シングル。“これぞLUNA SEA”という疾走感とスリリングさを併せ持つ強力な未発表曲を収録してあります。




LUNA SEA

The End of the Dream

作詞:LUNA SEA
作曲:LUNA SEA

偽りの時を 受け入れたままで...
神々の詩を 掻き消したままで... Oh?

永遠などない 時の終わりに向かい
刹那の詩謳う 世界は
あるがままの時を 駆け抜けてみようか 今すぐここから

つき進め この時を どこまでも鮮やかに
狂い咲け The End of the Dream どこまでも この愛に

痛みを覚悟して 希望を叫ぶだけ
道なき道をゆく 月の光だけ...
銀色の夜を...

約束などない 呼び覚ますままに 心の地図をひろげ 辿る
決まりなどつかない 息もつけない時を 今すぐ選んで

揺らめいた この世界で あかし証をそう掴むまで
駆け抜けろ The End of the Dream 光射すその場所まで

つき進め この時を どこまでも鮮やかに
狂い咲け The End of the Dream 終わらない この夢に
削りとられた心の隙間さえ 埋められやしないままで
もう一度 君よ 掴んで欲しい 心の叫びを

つき進め この時を どこまでも鮮やかに
狂い咲け The End of the Dream 終わらない この夢に

揺らめいた この世界で あかし証をそう掴むまで
駆け抜けろ The End of the Dream 光射すその場所まで




「The End Of the Dream」この始まりは何度聴いても鳥肌物です。

聴けば聴くほどのヤバイ曲です。

泣けるほどLUNASEA感全開!

前作Oneでは様式美というかプログレッシブロックというか、高尚さが賛否両論あったと思われるが、今作はシンプルで奥の深いロックを追求していますね!

ああ、これこそLUNA SEAだという独特のメロディーやSUGIZO、INORANのどちらが引いているかはっきり分かるツインギターの美しいハーモニー、真矢のパワフルなドラミング、Jのうねるようなベース、艶やかながらもパワフルになったRYUICHIの歌声…。

全てが奇跡的なバランスでロックの建造物を創った、そんな感じですね!!
The End of the Dreamはシンプルで属性としてはSTORMに近いロック。

Rougeはどちらかと言うとgravityのカップリングであったMy Loverをエロくした(INORAN風に言うならば)感じだろうか。


正直な話、ファン目線でもこの楽曲が今のメインストリームでどういった受け取れれ方をするかはよく分かりません。

しかし、今の腐ったシーンに風穴を空けられるのは正にこういった真のアーティストだと思いますね。

本当はとっくにロートル化していていいはずの、世間で言う“見た目だけの”ビジュアル系がなぜ渋谷のハチ公前や山手線の壁面にあんなにでかい看板を出せるのか、そして若い世代のバンドは出せないのか、この作品を聞けば分かります。

上っ面ではない、真の芸術が、真のロックがここにある。心して聴いてくださいね!!

↓業界シェア率NO.1↓



↑日本最大級のDL専用サイト↑
posted by AKIちゃん at 09:40| Comment(0) | 日本 男性アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。