2013年03月22日

WANDS 大特集 ヒッパレ―2013@アイフォン5 アンドロイド|世界が終るまでは・・・ 無料DLも!

↓カレにも喜ばれました♪↓

┗プレゼントにも!┛



90年代初頭から中頃にかけてビーイングの核となっていた伝説のバンドのWANDS

輝かしい伝説の数々を振り返ってみましょう!

WANDS(ワンズ)

大島康祐(おおしま こうすけ)
1970年9月4日(42歳)
O型、福岡県出身
在籍期間:1991年-1992年(1期)
キーボード、作曲、編曲
現在は作曲・編曲家として活動

上杉昇(うえすぎ しょう)
1972年5月24日(40歳)
A型、神奈川県横須賀市出身
在籍期間:1991年-1996年(1・2期)
ヴォーカル、作詞、作曲、編曲
現在は猫騙のヴォーカルとして活動

柴崎浩(しばさき ひろし)
1969年12月13日(42歳)
A型、東京都出身
在籍期間:1991年-1996年(1・2期)
ギター、作曲、編曲
現在はabingdon boys schoolのギタリストとして活動

木村真也(きむら しんや)
1969年7月28日(43歳)
A型、青森県五所川原市出身
在籍期間:1992年-2000年(2・3期)
キーボード、作詞、作曲、編曲
現在は作曲・編曲家として活動

和久二郎(わく じろう)
本名:松元治郎
1970年12月11日(41歳)
B型、東京都出身
在籍期間:1997年-2000年(3期)
ヴォーカル、作詞、編曲
ジャニーズJr.のスケートボーイズおよび平家派(隊長)として活動後転身
解散後は再び事務所を移籍
ソロアーティストとして活動していた
2005年1月末日
事務所との契約が切れ、一時は音楽業界から引退
2012年
杉元一生(現・安保"Suginho"一生)の支援を受け、
本名の松元治郎名義でソロシンガーとして再始動

杉元一生(すぎもと いっせい)
本名:安保一生(あんぼ いっせい)
1972年5月8日(40歳)
東京都で出生
中学生の時に富山県へ引っ越す
在籍期間:1997年-2000年(3期)
ギター、作詞、作曲、編曲
現在は作曲・編曲家・プロデューサー・LIT-HUMのメンバーとして活動



所属事務所:
1991年 - 1993年
ADING

1993年 - 1996年
U.S.K.

1997年 - 2000年
SEAS

レーベル
1991年 - 1993年
東芝EMI

1993年 - 2000年
B-Gram RECORDS

主に、メンバーが作詞・作曲・編曲を担当

日本のロックバンドです。

90年代初頭から中頃にかけてビーイングの核となっていたバンドの一つです。


db76f69bd036316e07b2-1024.jpg


1991年12月
シングル「寂しさは秋の色」でデビューしました。

sabishisahaakinoiro.jpg

1992年7月
3枚目のシングル「もっと強く抱きしめたなら」を発表しました。

img_940605_54521957_0.jpg


この作品を最後に、大島が自身のユニットSO-FIを結成するために脱退しています。

後任として、柴崎のYAMAHA音楽院時代の知人であった木村が加入しました。

同年10月
中山美穂とのコラボレーション作品として、
中山美穂 & WANDS名義で発表したシングル「世界中の誰よりきっと」
ミリオンセラーの大ヒットを記録しました。





「もっと強く抱きしめたなら」も、オリコンチャート登場29週目にして
1位となりミリオンセラーを記録しました。

1993年2月
4枚目のシングル「時の扉」を発表しました。



4月にはシングルと同タイトルの2枚目のアルバム『時の扉』を発表しました。


WANDS-Toki_no__tobira-APE.jpg


いずれもオリコンチャート1位、ミリオンセラー記録の大ヒットとなりました。

日本の音楽界においてトップアーティストとしての地位を確立しました。

1993年度

シングル4,112,008枚・アルバム3,187,564枚の売り上げを記録し、
第8回日本ゴールドディスク大賞を受賞しました。

以降1995年まで
シングル「愛を語るより口づけを交わそう」



「世界が終るまでは…」、

WANDS20-20C0A4B3A6A4ACBDAAA4EFA4EBA4DEA4C7A4CF.jpg


アルバム『Little Bit…』

WANDS-Little.Bit-APE.jpg

『PIECE OF MY SOUL』


Nov08686.JPG

それぞれミリオンセラーを記録しました。



シングル「恋せよ乙女」


8754730.jpeg


「Secret Night 〜It's My Treat〜」

sicret.jpg


オリコンチャート1位獲得のヒットとなりました。

1995年12月
10枚目のシングル「Same Side」を発表しました。

g_3348_1.jpg

セカンドシングル以来のメンバーのみの手によるシングル曲です。

上杉が志向する欧米的な流れであるニルヴァーナオルタナティブの
サウンドを如実に示すものでした。

当時の日本での売れ筋J-POP路線とは一線を画していたため
前作から大幅に売上を落とす結果となりました。

1996年2月
11枚目のシングル
「WORST CRIME 〜About a rock star who was a swindler〜/Blind To My Heart」を発表。

P2_G4111768W_l.JPG

その後、音楽性の違いを理由に上杉昇と柴崎浩が脱退しました。

(後に2人はal.ni.coを結成)し、活動を休止。

ビーイングが「WANDS」の名前を商標登録していた為
残った木村真也はボーカルに和久二郎、ギターに杉元一生を迎え、
第3期WANDSとして活動を再開しました。

1997年9月
当時デビュー直後であった小松未歩の楽曲提供により、
12枚目のシングル「錆び付いたマシンガンで今を撃ち抜こう」を発表。

s7054057.jpg

シングル4枚、オリジナルアルバム1枚を発表

1999年3月31日発売

WANDSのラストシングル

「今日、ナニカノハズミデ生きている」



2000年3月
公式サイト上で「解体」(解散)を表明しました。

■歴代売上NO1楽曲

●1992年7月1日発売
「もっと強く抱きしめたなら」




レーベル:東芝EMI

■代表曲

1992年7月1日発売
「もっと強く抱きしめたなら」
レーベル:東芝EMI

1993年2月26日発売
「時の扉」


レーベル:東芝EMI

■ミリオンヒット情報

1992年7月1日発売
「もっと強く抱きしめたなら」
レーベル:東芝EMI

1993年2月26日発売
「時の扉」
レーベル:東芝EMI

1993年4月17日発売
「愛を語るより口づけをかわそう」
レーベル:東芝EMI

1994年6月8日発売
「世界が終るまでは…」
レーベル:B-Gram RECORDS

上記シングル4作品
ゴールド等認定
ミリオン(日本レコード協会)


■歴代売上NO1楽曲アルバム

●1993年4月17日発売
「時の扉」
WANDS-Toki_no__tobira-APE.jpg

■ミリオンヒット情報

1993年4月17日発売
「時の扉」
レーベル:東芝EMI/TMファクトリー

1993年10月6日発売
「Little Bit…」
レーベル:東芝EMI/TMファクトリー

1995年4月24日発売
「PIECE OF MY SOUL」
レーベル:Gram RECORDS

上記アルバム3作品
ゴールド等認定
ミリオン(日本レコード協会)


■タイアップ

第1期
1991年12月4日発売
「寂しさは秋の色」
レーベル:東芝EMI
関西テレビ系ドラマ「ホテルウーマン」挿入歌

1992年5月13日発売
1994年2月2日再発売
「ふりむいて抱きしめて」
レーベル:東芝EMI
テレビ朝日系「OH!エルくらぶ」オープニング・テーマ

1992年7月1日発売
「もっと強く抱きしめたなら」
レーベル:東芝EMI
「三井生命」CMソング

第2期
1993年2月26日発売
「時の扉」
レーベル:東芝EMI
テレビ朝日「ネオ・ドラマ」主題歌

1993年4月17日発売
「愛を語るより口づけをかわそう」
レーベル:東芝EMI
「ブティックJOY」CMソング

1993年7月7日発売
「恋せよ乙女」
レーベル:東芝EMI
「ブティックJOY」CMソング

1993年11月17日発売
「Jumpin' Jack Boy」
レーベル:B-Gram RECORDS
ミズノ・スキーウエア「インパルス」CMソング

1994年6月8日発売
「世界が終るまでは…」
レーベル:B-Gram RECORDS
テレビ朝日系アニメ「SLAM DUNK」第2期エンディングテーマ

1995年12月4日発売
「Same Side」
レーベル:B-Gram RECORDS
テレビ朝日系「NBA FAST BREAK」エンディングテーマ

1996年2月26日発売
「WORST CRIME〜About a rock star who was a swindler〜」
レーベル:B-Gram RECORDS
TBS系「COUNT DOWN TV」オープニングテーマ

第3期
1998年2月11日発売
「Brand New Love」
レーベル:B-Gram RECORDS
三菱自動車「ミラージュマリオン&チャレンジャーシティクルージング」CMソング

1998年6月10日発売
「明日もし君が壊れても」
レーベル:B-Gram RECORDS
テレビ朝日系アニメ「遊☆戯☆王」のエンディングテーマ

1999年3月31日発売
「「今日、ナニカノハズミデ生きている」」
レーベル:B-Gram RECORDS
TBS系「ワンダフル」のテーマソング

「FREEZE」
(シングル「「今日、ナニカノハズミデ生きている」」内収録)
プレイステーション用ゲームソフト「Cybernetic EMPIRE」のイメージソング

1999年10月27日発売
「AWAKE」
(アルバム「AWAKE」内収録)
レーベル:B-Gram RECORDS
ミズノ「INTERNATIONAL」CMイメージソング





今回紹介する「世界が終わるまでは・・・」はスラムダンクのEDテーマとしても有名なWANDSのヒット曲の1つ。売上約122万枚。

およそタイアップ先を意識したとは思えない作風ですが、メロディおよび詞から滲み出る「終末観」が計り知れない深遠さをただよわせている屈指の名曲だと思う。羽田空港で撮影されたPVも素晴らしいです。



世界が終わるまでは

大都会に 僕はもう一人で
投げ捨てられた 空カンのようだ
互いのすべてを 知りつくすまでが
愛ならば いっそ 永久(とわ)に眠ろうか...

世界が終るまでは 離れる事もない
そう願っていた 幾千の夜と
戻らない時だけが 何故輝いては
やつれ切った 心までも 壊す...
はかなき想い... このTragedy Night

そして人は 形(こたえ)を求めて
かけがえのない 何かを失う
欲望だらけの 街じゃ 夜空の
星屑も 僕らを 灯せない

世界が終る前に 聞かせておくれよ
満開の花が 似合いのCatastrophe
誰もが望みながら 永遠を信じない
…なのに きっと 明日を夢見てる
はかなき日々と このTragedy Night

世界が終るまでは 離れる事もない
そう願っていた 幾千の夜と
戻らない時だけが 何故輝いては
やつれ切った 心までも 壊す...
はかなき想い... このTragedy Night

このTragedy Night

 「世界が終わるまでは・・・」は大衆向けの音楽を命題としたWANDSの元々の良さと、ボーカルであり作詞を手がける上杉昇の持つロックの胎動性が見事に合致した名曲です。

どこかダウナーで沈みいくようなメロディーながらも、やはり上杉昇の凄みを感じさせるようなボーカルが独特な聴き心地の良さを作り出しており、ロックとポップの境界で張ってあるピアノ線を絶妙に踏みながら渡り歩いているような素晴らしい完成度だと思います。

特にダイナミックで聴き惚れるような上杉のヴィブラートの聴いた歌声は、どちらのジャンルのリスナーが聴いても説得力のあるものに仕上がっているんじゃないでしょうか。

何回聴いても聴き飽きない感動が押し寄せてきて、私はもう何度リピートしてきたかも数え切れない中でこの曲にいろいろなものを貰ってきたと思います。

歌詞の世界観も、恋人や友人を始めとした対象を限定としない大切な人に向けた感情と、音楽業界で徐々に疲弊を包み隠せなくなった上杉昇の落ちていく感情が一矢を報いようとせんばかりの光を放っています。

何度でも言いたい。

これぞ名曲です!



↓カレにも喜ばれました♪↓

┗プレゼントにも!┛

posted by AKIちゃん at 09:00| Comment(0) | 日本 男性アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。