2013年04月14日

音源そのまま♪まるでライブで聴いてるような迫力あるサウンド!!aiko カブトムシのDLはここで☆

☆人気☆のミュージシャンが

盛りだくさん(*^ω^*)
な着ウタサイトの決定版!!
登録しなきゃ損でしょ
▼▽\(*^▽^*)/▼▽

♪。.:*:・'☆。.:*:・'♪
ずっと無料でDLし放題
♪。.:*:・'☆。.:*:・'♪



2011年7月発売「ポップとロック」以来、約1年9ヶ月ぶりとなるaiko LIVE DVD



「15」

5132Fwo3OxL._SL500_AA300_.jpg


がランキング1位を獲得したaiko。


ライブハウスツアー、夏の野外ゲリラライブ、今年開催されたばかりのアリーナで行われた追加公演の模様と、
3種の異なるライブ映像を収録した、豪華3枚組です。



2011年開催のライブハウスツアー『Love Like Rock vol.5』
2012年8月開催の野外ゲリラライブ『Love Like Aloha vol.4』
2013年開催のアリーナツアー『Love Like Pop vol.15add.』

4月17日には新曲「4月の雨」がアイチューン等で初めて先行配信されます!



aiko



別名
ウタウイヌ
AIKO

1975年11月22日(36歳)
大阪府吹田市、AB型

学歴
大阪音楽短期大学

■趣味・嗜好

好きなスポーツ
水泳・バレーボール

水泳は幼少期からピアノとともに習っていた様です。
一方、バレーボールは一時期ではあったが、部活動に所属していたそうです。
絵を描く事も得意であり、ライブツアーのグッズや「桜の時」や「DECADE」
などのジャケット等も自身の絵を使用しています。

漫画が好き
雑誌やライブツアーのパンフレットにおいて自身の愛著を紹介しているほか、
パンフレットでは漫画家による描き下ろし作品を掲載しています。

■所属事務所等

所属事務所
buddy go

レーベル
ポニーキャニオン

■作詞、作曲、編曲

ほぼすべての曲はaikoが作詞作曲している。
作詞・作曲の欄は「AIKO」となっている。

日本のシンガーソングライターです。

Aiko_photo.jpg

等身大の歌詞、耳なじみのよいメロディーライン、
飾らないキャラクターなどで男女ともに高い人気を誇っています。

さまざまなスタイルのライブ活動を行っており、その楽しさは折り紙つき。

多数のCM、ドラマ、映画で曲のタイアップ、
また、ラジオやテレビの出演も多くあります。

1995年5月
19歳の時に出場したコンテストにて。
自身で作詞・作曲した曲「アイツを振り向かせる方法」を披露し、
グランプリを受賞しています。

※2000年発売の「桜の時」に収録されています。

1996年4月
短大卒業後、fm osaka『COUNTDOWN KANSAI TOP40』のパーソナリティとなり、
以降、3つ番組のパーソナリティを務めました。

1996年8月頃
音学短大卒業制作として友人と共に共同自主制作した
『ドーテイオムニバスCD Vol.1』を発売しました。

s6338826.jpg

1996年10月
コンテスト「The 5th MUSIC QUEST JAPAN FINAL(1996年10月)」
では椎名林檎らと共に優秀賞を受賞。


※その縁がきっかけで、椎名林檎とは現在も交友があります。

1997年
1stアルバム『astral box』発売

aiko.in.astralbox.jpg

コンテストに出場していたaikoに目を付けたポニーキャニオンの
音楽プロデューサーから連絡が入りインディーズ制作にはいりました。

1998年
インディーズ1stシングル「ハチミツ」


AIKO.jpg



インディーズ2ndアルバム『GIRLIE』を発売しました。
GIRLIE.jpg

aikoのもとに映画主題歌の話が入り、メジャーデビューの話が進みました。

ラジオ番組のDJ等の活動を経て、1998年『あした』でメジャーデビュー。

B000NQRVFI.09.LZZZZZZZ.jpg

タイアップ
映画『新生 トイレの花子さん』の主題歌でした。

※関西のFMラジオを中心に話題を集めました。
初となるワンマンライブ『LOVE LIKE POP!』を江坂ブーミンホールにて開催されました。

「カブトムシ」「花火」「ボーイフレンド」「キラキラ」
など多数のヒット曲を発表しています。


■歴代売上NO1楽曲

2000年9月20日
ボーイフレンド





52.3万枚

オリコン
週間2位
2000年10月度月間4位
2000年度年間54位

備考
オリコン週間チャートは2位となったが同デイリーチャートでは1位を3度獲得
同チャート1位獲得は初です。
発売12週目で累計売上が50万枚を突破し、
aikoのシングルでは最大のセールスを記録しました。

■代表曲

1998年
「あした」

1999年
「花火」「カブトムシ」




2000年
「初恋」


2003年
「蝶々結び」

2005年
「三国駅」「キラキラ」「スター」

2007年
「星のない世界/横顔」



2010年
「向かいあわせ」「恋のスーパーボール/ホーム」

2002年12月11日
Queen's Fellows

松任谷由実のトリビュート・アルバム
内3曲目「セシルの週末」で参加

備考
aikoのみ、「aikoちゃんには、是非この曲を歌って欲しい。」と、
ユーミン本人からカバーして欲しい楽曲を指定された。

■最新シングルベスト10

2006年7月12日
雲は白リンゴは赤

2007年5月30日
シアワセ

2007年8月22日
星のない世界/横顔

2008年3月12日
二人

2008年7月23日
KissHug

2009年2月18日
milk/嘆きのキス

2010年2月3日
戻れない明日

2010年4月21日
向かいあわせ

2011年5月11日
恋のスーパーボール/ホーム

2011年11月23日
ずっと


■デビューアルバム(1stアルバム)

1999年4月21日
小さな丸い好日

41E77I6M6GL._SL500_AA300_.jpg
14万枚

■歴代売上NO1楽曲アルバム

2000年3月1日
桜の木の下

20070113173854.jpg
142.1万枚

■ミリオンヒット情報

2000年3月1日
桜の木の下
142.1万枚

オリコン
週間1位
2000年度年間10位

備考
2000年5月1日付のオリコン週間アルバムチャートで売上枚数が100万枚を超え、
ミリオンヒットとなりました。
なお、自身初のミリオンヒット作であり、
アルバムでは一番売れた作品です。

全作詞・作曲:AIKO
全編曲:島田昌典

1.愛の病

2.花火
3rdシングル

タイアップ
テレビ朝日系列『激マジ!!?ティーンのホンネ?』エンディングテーマ
サークルK「冷やし中華」CMソング
テレビアニメ『まっすぐにいこう。』エンディングテーマ

3.桜の時
5thシングル

タイアップ
「カルピスウォーター」TV-CMソング

4.お薬

タイアップ
フジテレビ系列「晴れたらイイねッ!」オープニングテーマ
清涼飲料水のタイアップの依頼があったが、
タイトルが薬だったため見送られた。

5.二人の形

6.桃色
4thシングル『カブトムシ』のc/w

タイアップ
NTTドコモ「Docomo502i」TV-CMソング

7.悪口

8.傷跡

9.Power of Love
インディーズアルバム『astral box』の4thトラックにも収録されている。

10.カブトムシ
4thシングル

タイアップ
TBS系『COUNT DOWN TV』1999年12月度エンディングテーマ
フジテレビ系列5局ネット「ジョビれば!?」エンディングテーマ

11.恋愛ジャンキー(えせボーナストラックちっく)

■最新アルバム情報ベスト5

2005年3月2日
夢の中のまっすぐな道

2006年8月23日
彼女

2008年4月2日
秘密

2010年3月31日
BABY

2012年6月20日
時のシルエット

■売上シングルランキングベスト10

1位
2000年09月20日発売
ボーイフレンド
過去最高位 2位 登場回数 20回

2位
2001年02月21日発売
初恋
過去最高位 3位 登場回数 9回

3位
1999年11月17日発売
カブトムシ
過去最高位 8位 登場回数 15回

4位
1999年08月04日発売
花火
過去最高位 10位 登場回数 20回

5位
2005年08月03日発売
キラキラ
過去最高位 2位 登場回数 21回

6位
2001年11月21日発売
おやすみなさい
過去最高位 2位 登場回数 9回

7位
2001年05月30日発売
ロージー
過去最高位 2位 登場回数 6回

8位
2003年08月06日発売
アンドロメダ
過去最高位 3位 登場回数 12回

9位
2000年02月17日発売
桜の時
過去最高位 12位 登場回数 8回

10位
2003年04月23日発売
蝶々結び
過去最高位 4位 登場回数 9回


■売上アルバムランキングベスト10

1位
2005年06月29日発売
桜の木の下
過去最高位 1位 登場回数 69回

2位
2005年06月29日発売
夏服
過去最高位 1位 登場回数 21回

3位
2003年11月27日発売
暁のラブレター
過去最高位 1位 登場回数 31回

4位
2005年06月29日発売
秋 そばにいるよ
過去最高位 2位 登場回数 13回

5位
2005年03月02日発売
夢の中のまっすぐな道
過去最高位 1位 登場回数 34回

6位
2006年08月23日発売
彼女
過去最高位 1位 登場回数 29回

7位
2011年02月23日発売
まとめI
過去最高位 2位 登場回数 49回

8位
2011年02月23日発売
まとめII
過去最高位 3位 登場回数 36回

9位
2008年04月02日発売
秘密
過去最高位 2位 登場回数 21回

10位
2010年03月31日発売
BABY
過去最高位 1位 登場回数 16回

■テレビ番組

NHK紅白歌合戦

第51回
2000年
ボーイフレンド

第54回
2003年
えりあし

第55回
2004年
花風

第56回
2005年
スター

第57回
2006年


第58回
2007年
シアワセ

第59回
2008年
KissHug

第60回
2009年
あの子の夢

第61回
2010年
向かいあわせ

第62回
2011年
恋のスーパーボール

2002年10月6日
情熱大陸

2001年-2009年12月31日-1月1日
CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ

2011年2月20日、27日
Music Lovers(日本テレビ)

備考
新曲の発売日前後には「ミュージックステーション」
「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」「COUNT DOWN TV」などの
各局音楽番組に出演します。

■ラジオ番組

1997年10月 - 1999年9月28日
MBSヤングタウン MUSIC MAX

1996年4月 - 2001年12月29日
COUNTDOWN KANSAI TOP40

1999年11月17日 - 2003年3月26日
aikoの@llnightnippon.com

■受賞歴

1995年
ヤマハ音楽振興会主催

第9回 TEENS' MUSIC FESTIVAL
全国大会 ティーンズ大賞・文部大臣奨励賞受賞

1996年
第5回 ミュージック・クエスト 日本大会 優秀賞受賞(ヤマハ音楽振興会主催)

2000年度
第18回 咲くやこの花賞 音楽部門(大阪市主催)

2002年
卒煙表彰(タバコ問題首都圏協議会主催)

日本レコード協会主催
日本ゴールドディスク大賞
THE JAPAN GOLD DISC AWARD

2001年
第15回
ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー受賞
桜の木の下

2002年
第16回
ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー受賞
夏服

2004年
第18回
ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー受賞
暁のラブレター

2005年-2006年
オリコン
好きなアーティストランキング1位



今回紹介するカブトムシは、せつなさを帯びたメロディに,ピアノがメインの生成なサウンド。

そして説得力はあるが押しつけがましくないヴォーカル。

彼女の世界は,ありそうでなかなかない,完成されたものです。



aiko

カブトムシ

作詞:aiko
作曲:aiko
編曲:島田昌典

悩んでる身体が熱くて 指先は凍える程冷たい
「どうした はやく言ってしまえ」
そう 言われてもあたしは弱い
あなたが死んでしまって あたしもどんどん年老いて
想像つかないくらいよ そう 今が何より大切で...

スピード落としたメリーゴーランド
白馬のたてがみが揺れる

少し背の高いあなたの耳に寄せたおでこ
甘い匂いに誘われたあたしはかぶとむし
流れ星ながれる 苦しうれし胸の痛み
生涯忘れることはないでしょう
生涯忘れることはないでしょう

鼻先をくすぐる春 リンと立つのは空の青い夏
袖を風が過ぎるは秋中 そう 気が付けば真横を通る冬
強い悲しいこと全部 心に残ってしまうとしたら
それもあなたと過ごしたしるし
そう 幸せに思えるだろう

息を止めて見つめる先には長いまつげが揺れてる

少し癖のあるあなたの声 耳を傾け
深い安らぎ酔いしれるあたしはかぶとむし
琥珀の弓張り月 息切れすら覚える鼓動
生涯忘れることはないでしょう
生涯忘れることはないでしょう



女の子心を「かぶとむし」に例えて苦しい気持ち、楽しい気持ち、幸せな気持ちを見事に表現しているところがとてもaikoらしい。

恋をするのに必死なこの心を忘れたくないって思わせてくれる、または思い出させてくれるありがたい一枚です。

サビに入るにつれ、aikoさんの高音がややしゃがれたように聴こえるのが、切ない想いを訴えかける歌詞に見事にマッチしている。

あの松任谷正隆氏をして、「何十年ぶりかで、邦盤シングルを買った」と言わせた、大傑作。

女の子をカブトムシに例えているが、小柄な身体で切々とこの曲を歌い上げるaikoさんと何やらイメージが重なるような気がしました。

この曲を悪く言う人なんていないと思います。

片思いしている時、この曲を聴くと大泣きしますね。

恋をしてなくても、この曲を聴けばきっと恋したくなるはず♪

とにかく聴いてみてください。

「名曲」って言葉はまさにこのような曲のために使われる言葉だと私は思います。
aikoを知らない人でもこの曲を聴いたら「知ってる!」と即答するし、男の人は皆「名曲だ」と断言します。



☆人気☆のミュージシャンが
盛りだくさん(*^ω^*)
な着ウタサイトの決定版!!
登録しなきゃ損でしょ
▼▽\(*^▽^*)/▼▽

♪。.:*:・'☆。.:*:・'♪
ずっと無料でDLし放題
♪。.:*:・'☆。.:*:・'♪
posted by AKIちゃん at 09:00| Comment(0) | 女性アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。