2013年02月21日

驚愕!!スマホで佐野元春の「SOMEDAY」を高音質で聴く方法!



▼最新着うた無料!▼

↓DLはこちらから↓




永らく噂されてきた元春のニューアルバムが、ついにリリースに向けて大きく動き出しました。

発売日は今春の3月13日(水)です。

この日は自身の誕生日でもあります。

新作のタイトルは『ZOOEY』(ゾーイー)。

ZOOEY-iTunes-Artwork.170x170-75.jpg

コヨーテ・バンドと共に作りあげた12曲の新曲は、力強く、瑞々しく、ポップテイスト溢れる意欲作、これまでのどのアルバムとも違う新しいサウンド・プロダクションになっているようです。

すでにこのアルバムからは「ラ・ヴィータ・エ・ベラ」が先行してリリースされています

全曲の公開が待ちどおしいですね!


2013年1月19日(土)に三軒茶屋グレープフルーツムーンで行われた佐野元春セッション in 東京 vol.8も大盛況だったみたいです!



本名:佐野元春(さのもとはる)

1956年3月13日(56歳)
東京都千代田区出身
立教大学社会学部卒業
B型
別名:Lion、Moto、棟梁



作詞、作曲、編曲

作詞・作曲
ほぼ佐野元春

日本のロックシーンを牽引するアーティストです。

7054.jpg


☆佐野元春 セットリスト 2013
佐野元春のWinter Tourのセットリストを書きたいところですが、公演終了後に掲示されるセットリスト表に「インターネットでの公開はお控えください」と書いてあったので控えさせてもらいます。

とりあえずインプレッションだけ書きます。

結構80年代の曲が多いです。ただしアレンジされているので、結構新鮮。
それと「THE SUN」からの曲をやるとは思わなかったので、意外に感じました。

新曲は3曲。福岡限定の曲もありました。メンバーはスパムも加入して、ブラスのなさをカバー。ソリッドな音をしていたと思う。客の入りが6割程度なのは残念。

とりあえず良かったです。


☆佐野元春 病気はのどの病気?

喉の病気ではないと思います。
喋り方は、相変わらず独特の雰囲気ですからね。
確かに、デビュー当時のライブ、または、リリースされたライブ盤と比較すると、歌い方や声の出し方は変わっています。
囁くように歌うようになりました。
年齢を重ねて、いろいろな経験を積んで、歌い方が変わったのだとおもっています。


1980年に「アンジェリーナ」デビューしました。

img_1746001_66774914_0.jpg

1980年4月21日デビューアルバム

BACK TO THE STREET

000029.jpg


3枚目のオリジナルアルバム「SOMEDAY」のヒットにより

51kXypdqgAL._SL500_AA300_.jpg

トップアーティストの仲間入りを果たしました。


1983年
単身渡米しました。


ヒップホップの要素を取り入れた楽曲制作しました。


その後も数々の名曲を生み出しています。



デビューから30年を経た現在も第一線で活躍中です。


自身の音楽活動以外に
他アーティストへの楽曲提供、雑誌出版、イベント製作など
精力的に展開しています。



☆歴代売上NO1楽曲

1992年10月28日(再リリース)


「約束の橋」




70万枚

TVドラマ『二十歳の約束』の主題歌


主な代表曲です。

「アンジェリーナ」

「ガラスのジェネレーション」

「悲しきRadio」

「SOMEDAY」

「Young Bloods」

「約束の橋」

「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」




☆最新シングル情報ベスト5

2003年2月10日
Tonight (Live)

2003年12月17日
月夜を往け

2004年5月19日
君の魂 大事な魂

2005年8月17日
光-The Light

2005年12月17日
星の下 路の上



☆歴代売上NO1楽曲アルバム

1992年12月9日
「No Damage U(GREATEST HITS 84ー92)」

211.jpg


☆代表アルバムです。

「Sweet16」

「The Circle」

「COYOTE」

1983年4月21日発売の
「No Damage(14のありふれたチャイム達)」

motoharu.jpg

初のベスト・アルバム
初のオリコンチャート1位(4週連続)


☆最新アルバム情報ベスト5

1996年7月1日
フルーツ

1997年12月1日
The Barn

1999年8月25日
Stones and Eggs

2004年7月21日
THE SUN

2007年6月13日
COYOTE


☆人気曲ランキング

集計方法
(株)ソニー・ミュージックダイレクトの調査に基づくランキング

1位
SOMEDAY
♪街の唄が聴こえてきて〜

2位
ガラスのジェネレーション
♪ガラスのジェネレーション、さよならレヴォリューション〜

3位
約束の橋
♪君は行く、奪われた暗闇の中に〜

4位
アンジェリーナ
♪シャンデリアの街で眠れずに〜

5位
YOUNG BLOODS
♪静かな冬のブルースに眠る〜

6位
彼女はデリケート
♪どんな奴でもひとつくらいは〜

7位
誰かが君のドアを叩いている
♪街角から街角に神がいる〜

8位
スターダスト・キッズ
♪真夜中の扉に足をかけて〜

9位
COMPLICATION SHAKEDOWN
♪つかの間の自由をビートにまかせて〜

10位
CHRISTMAS TIME IN BLUE
♪雪のメリークリスマスタイム〜




今回紹介するのは佐野元春の名曲、SOMEDAYです。




佐野元春

SOMEDAY

作詞:佐野元春
作曲:佐野元春

街の唄が聴こえてきて
真夜中に恋を抱きしめた あの頃
踊り続けていた
夜のフラッシュライト浴びながら
時の流れも感じないまま

窓辺にもたれ
夢のひとつひとつを
消してゆくのは つらいけど
若すぎて何だか解らなかったことが
リアルに感じてしまうこの頃さ

Happiness & Rest
約束してくれた君
だからもう一度あきらめないで
まごころがつかめるその時まで
SOMEDAY
この胸に SOMEDAY
ちかうよ SOMEDAY
信じる心いつまでも SOMEDAY

「手おくれ」と言われても
口笛で答えていた あの頃
誰にも従わず
傷の手当もせず ただ
時の流れに身をゆだねて
いつかは誰でも 愛の謎が解けて
ひとりきりじゃいられなくなる
オー・ダーリン こんな気持に揺れてしまうのは
君のせいかもしれないんだぜ

Happiness & Rest
約束してくれた君
だからもう一度あきらめないで
まごころがつかめるその時まで
SOMEDAY
この胸に SOMEDAY
ちかうよ SOMEDAY
信じる心いつまでも SOMEDAY

いつかは誰でも 愛の謎が解けて
ひとりきりじゃいられなくなる
ステキなことはステキだと無邪気に
笑える心がスキさ

Happiness & Rest
約束してくれた君
だからもう一度あきらめないで
まごころがつかめるその時まで
SOMEDAY
この胸に SOMEDAY
ちかうよ SOMEDAY
信じる心いつまでも SOMEDAY



個人的には日本アーティストの最高傑作ではないかと思っております。

80年代をリードし、佐野元春の評価を圧倒的に高めたPOPナンバーです。
とにかく名曲です。



人工的な街の匂いを、ロックンロールとR&Bのテイストで当時類をみないほど濃密に凝縮しています。

散文的な歌詞もその後のミュージシャンに大きな影響を与えています。

発表直前、元春がNHKFMの「サウンドストリート」で、毎週、完成したばかりの楽曲を紹介するのですが、その衝撃は今でもはっきり覚えています。
当時のニューミュージック的なメロディー、リズムを基準にすると、
「SOMEDAY」の楽曲は聞きづらく感じらかったのだけど、その分惹き付けられました。

曲の圧力が高くて、そのテンションに圧倒されて聞いていたことを思い出します。


皆さんに聞いていただきたい名作です。



▼最新着うた無料!▼

↓DLはこちらから↓


posted by AKIちゃん at 08:43| Comment(2) | 日本 男性アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
Posted by 株初心者 at 2013年02月21日 13:08
嬉しいコメントありがとうございます!
よろしくお願います!
Posted by 管理人 AKI at 2013年02月21日 13:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。